ようこそ ゲスト さん


海の恵み貝の力「青果洗いの貝力」除菌、洗浄、農薬剥離剤

1,100円

即落価格
1,100(消費税0円)
( 残り個数:10/出品個数:10 )

このオークションは終了しました

残り時間
終了

2016年09月04日 17:02 終了 (自動延長なし)

入札数
0
商品状態
新品
商品詳細
1,原料の精選 青森県陸奥湾に生息するホタテ貝を原料にしている。海水が汚染されておらず、だから、原料 ...

⇒もっと見る

質問
出品者への質問・相談   (回答待ち:0件    回答済み:0件)
開始時間
2016年08月30日 17:00
開始価格
1,100円 (消費税0円)
入札単位
100円
値下設定
なし
消費税
税なし (個人出品物のため、消費税はかかりません。)
商品番号
10000228

※早期終了する場合があります

楽天オークションに違反報告する

■出品者情報
個人
tomotomo3386 さん
評価: 52評価ステージ
良い評価:100.0

出品中の商品一覧

■配送・支払情報
取引方法

楽天あんしん決済サービス用語の説明

匿名配送用語の説明

発送地域
東京都
配送方法

宅急便 ◎

配送一覧を見る

支払方法

クレジットカード / コンビニ決済 / ATM払い(ペイジー) / ネットバンキング / ケータイ払い / 銀行振込 / ポイント払い

※支払方法に応じて楽天あんしん決済手数料が発生します。
※実際の送料・手数料は、落札個数やポイントの利用によって表示額から変動します。

詳しくはこちら

1,原料の精選
青森県陸奥湾に生息するホタテ貝を原料にしている。海水が汚染されておらず、だから、原料の入手という段階からすでに「安全・安心」に多大な関心を払っている。
2,日本の発明特許で第4366672号「洗浄剤」に基づいて製造したものである。
製造元であるチャフローズコーポレーションは八戸工業大学名誉教授小山信次博士(工学)と共同研究開発により所有する日本の特許第4366672号「洗浄剤」に基づいて製造したものである。しっかりした科学的裏付けをもっている。ホタテ貝殻を原料にして製造しているホタテ貝殻セラミック洗浄剤としては、日本唯一を誇れる。
3,対人体、対皮膚無害
特許第4366672号「洗浄剤」つまり「青果洗いの貝力」を水に入れてできた水酸化カルシウム水溶液は同程度の強アルカリ性(pH12.5)でありながら、人体に無害で、肌への刺激も全くない。このことはアメリカでの48時間と2週間にわたる被試験者の刺激性試験で確認している(アメリカ、PRACS institure,Ltdによる刺激性試験、2004年11月3日)。
4,無公害、無汚染
「青果洗いの貝力」に使われるホタテ貝殻の焼成粉末の化学成分も北海道立工業試験所にて蛍光X線分析によって分析し、溶出試験で鉛、水銀、ヒ素、カドミウムなどの有害物質は検出されないことを確認している。
5,高純度
1000ccの水に対して、「青果洗いの貝力」は1gでpH12.5の強アルカリ性の水を作ることができるが、類似品より2倍以上の効果を持っている。価格も半分になると理解してもいい。
6,農薬、除菌効果が抜群
野菜、果物など残留農薬、ワックスなど剥離でき、効果が抜群。抗菌効果を実験で確認できた菌は、大腸菌(食品、飲料水の汚染指標、食中毒(0-157))、黄色ブドウ球菌(化膿、ニキビなど、肺炎、敗血病の原因、食中毒)、サルモネラ菌(チフス性疾患、食中毒)、緑膿菌(床ずれ、魚の腐敗、院内感染)、虫歯菌、歯周病菌(歯周病、最近は早産、心筋梗塞や動脈瘤、糖尿病、食道ガンの原因菌として話題)、水虫菌、MRSA(院内感染の原因)、セレウス菌、ピロリ菌などである。
強アルカリと強酸は、抗菌効果は認められていたが、細菌やウイルスばかりでなく、あらゆる生物に対して攻撃するので使用できないのが一般的だったが、ホタテの貝殻から生成された酸化カルシュウムは前述の通り人間に対して刺激が無く、かえって美肌効果があり、優しく、酵母菌(善玉菌)に対しては、抗菌作用がないことがはっきりしている。
7,研究効果で公的機関の公認
八戸工業大学小山研究室では、1994年からホタテ貝殻の有効利用を考え、長年の進化の過程で得た合理的な貝殻の構造とその機能性を工学的に応用することを目的として研究を行ってきた。
そして、いろいろな機能を発見し、機能を応用した製品をチャフローズコーポレーションと共に産学共同研究を行い、開発してきた。製品に表示してある機能や効果は全て実験で実証している。
そのため、多くの学術論文を発表してきた。2004年5〜6月の間に、NHKワールド・ラジオ日本」にて、「ホタテ貝殻の有効利用」の実情を20か国語で世界に向けて放送した。
日本総合科学技術会議、第23回知的財産戦略専門調査会2005年3月17日に開催され、チャフローズコーポレーションと八戸工業大学の「ホタテ貝殻の有効利用」は産学共同研究として紹介された。当時の資料と会議の議事録も日本内閣府などリンクも貼っている中央機構のホームページで公開されている。
  • ページトップへ