落札者が利用する匿名配送

今回は、落札者がヤマト運輸の匿名配送を利用したケースを徹底リポートします。

商品落札後、配送方法に「匿名配送」を選択し取引開始

STEP 1
商品落札後、配送方法に
「匿名配送」を選択し取引開始

匿名配送に対応した商品に入札し、商品が落札できましたら、マイオークションページから取引を開始してください。お届け先、お支払い方法と同時に、配送方法も決定させるので、ここで「匿名配送」を選択してください。

匿名配送のよいところ

落札後、配送方法に匿名配送を選ぶと、こんなメリットが!

1.出品者に自分の個人情報を教えなくてもOK!
出品者にあなたの名前や住所を知られることなく、商品を発送してもらえ、受け取ることができます。
2.商品の不着がない
匿名配送の配達は手渡し(※ポスパケットを除く)なので、ポストに投函したが、届いていない!等のトラブルが発生しにくくなります。

商品が配送される

STEP 2
商品が配送される

落札者が取引開始手続きを行い、入金が完了すると、出品者に「商品を発送してください」という連絡が入ります。出品者が、匿名配送の発送方法に従って発送を完了すると、落札者・出品者両者の取引状態が「配送中」に変わります。

発送過程
匿名配送のしくみをご説明

匿名配送のしくみをご説明

出品者が出力し、持参した送り状

バーコード読み取り&出力

落札者の連絡先を貼付

Q.どうして出品者は落札者の連絡先を知らずに配送できるの?
A.出品者の手を離れた後に、宛名変換を実施するためです。

荷物を引き取ったヤマト運輸のドライバーがバーコードを読み取り、商品に送り状を貼り付けます。ここで、出品者の氏名・連絡先が伝票から消え、落札者の名前・連絡先が送り状に記載されて商品に貼付される、というわけです。また、落札者の手元に届く送り状には、出品者の名前・連絡先等は記載されていません。

ヤマト運輸匿名配送の仕組み

出品者がプリントアウトした伝票に記載されているバーコード、実はこれが落札者の宛名なのです。ヤマト運輸の匿名配送は、集荷や取り扱い店から荷物を受け取ったドライバーが、バーコードを読み取り、落札者の宛名を送り状に貼り付けています。出品者が落札者の宛名を目にする機会はありません。

集荷された商品が落札者のもとへ出発

STEP 3
集荷された商品が
落札者のもとへ出発

落札者の連絡先が記載された送り状+商品が、落札者のもとに発送されてゆきます。

配送状況は楽オクページで確認

発送状況は、楽オクのマイオークションで確認してください。

※匿名配送ではクール宅急便の取り扱いはございません。上記集配車は、クール宅急便以外の荷物も搭載可能です。

STEP 4
落札者のもとに商品が到着

匿名配送は、直接手渡しなので
荷物の不着の心配もなく、あんしん!

匿名配送は、直接手渡し(※注)なので「WEBページで配送状況を確認すると、商品は配達済みになっているのに、実際は荷物が届いていない!」等の心配もなく、かつ個人情報を相手に知らせることもないので、あんしん・あんぜんです。
※注)日本郵便のポスパケット匿名配送は、ポスト投函です。

商品確認後、取引完了手続きをし落札者を評価する

STEP 5
商品確認後、取引完了手続きをし
落札者を評価する

商品を確認し、落札者が取引完了の手続きをしたら、出品者を評価してください。※指定期間内に、手続きをしないと自動的に取引完了となり、出品者に落札料金が振り込まれます。

落札者

安心・安全・便利な 匿名配送を是非利用しましょう

写真・桂修平


安心・安全オークション『匿名配送』徹底リポート 落札編