楽天オークション広告掲載規約

第1条(目的)
  1. 本規約は、楽天オークション株式会社(以下「弊社」といいます。)が運営するオークションサイト「楽天オークション」(以下「楽天オークション」といいます。)の広告枠に広告を掲載するサービス(以下「本サービス」といいます。)の利用に関して、弊社と広告掲載の依頼者(以下「依頼者」といいます)との間の合意事項を定めるものである。
第2条(掲載申込)
  1. 依頼者は、弊社所定の手続きに従い、広告掲載の依頼の都度、本サービスの利用申込を行うものとし、本規約および弊社と依頼者間で適用される他の規約、ガイドラインその他の合意事項に従って弊社が提供する本サービスを利用しなければならないものとします。
  2. 本サービスに関する契約(以下「広告掲載契約」という)は、依頼者が本サービスについて利用申込みを行い、弊社が当該申込みを承諾した時点で成立するものとします。
  3. 依頼者は、本サービスの利用申込みにあたり、広告掲載に供する広告素材・情報等が第三者の著作権・肖像権・商標権その他一切の権利を侵害しないことを保証するものとします。
第3条(掲載不可内容)

弊社は、依頼者の広告の内容が次の各号のいずれかに該当する場合、広告掲載を断ることができるものとします。
    (1)   法律、政令、省令、条例その他規則、行政指導等に違反し、もしくはその恐れがある場合

    (2) 広告主が明らかでない、または責任の所在が明らかでない場合

    (3) 暴力、賭博、麻薬、売春を肯定するものである場合

    (4) 風紀を乱す表現(猥褻な表現、残酷な表現等)のある場合

    (5) 誤認混同を与えるおそれのあるもの、詐欺的なものである場合

    (6) 視聴覚に悪影響を及ぼす危険性があるものである場合

    (7) 投機、射幸心を著しくあおるものである場合

    (8) ねずみ講、マルチ商法またはこれらに類する連鎖販売取引に関連するものである場合

    (9) 医療、医薬品、化粧品、健康食品において、効能・効果等が厚生労働省の承認する範囲を逸脱するものである場合

    (10) 名誉毀損、プライバシーの侵害、信用毀損、営業妨害、商標権、著作権の侵害等、第三者の権利を侵害し、または侵害するおそれがある場合

    (11) 政治団体、宗教団体の勢力拡大、勧誘等を目的とする場合

    (12) アダルトサイト、出会い系サイトまたは悪質なコミュニティサイトに関連するものである場合

    (13) 広告の内容とリンクサイトの内容が著しく異なる場合

    (14) 社会通念上掲載が好ましくないと考えられる場合

    (15) 一般のお客様より広告内容にクレームがある場合

    (16) 広告内容が弊社、及び弊社のグループ会社(以下、「弊社等」といいます。)で開催中の企画告知と誤認させるような内容の場合

    (17) 弊社等と競合する事業を告知するものである場合

    (18) 弊社が不適当と判断したものである場合
第4条(利用料とその支払い)
  1. 弊社が楽天オークションの広告枠に依頼者の広告を掲載した場合、依頼者は弊社に対し、契約成立時点を基準とする所定の広告掲載料およびその消費税(以下総称して「利用料」という)を支払うものとします。
  2. 依頼者は、原則として、広告掲載開始月の翌々月末までに、別途弊社が定める支払方法にて、前項で定める利用料を支払うものします。なお、振込手数料は依頼者の負担とします。
第5条(依頼者都合による契約解除)
  1. 依頼者は、広告掲載契約成立後も弊社所定の期日までに限り、弊社所定の契約解除手続に従い、広告掲載契約の解除を行うことができるものとします。ただし、弊社が依頼者都合による広告掲載契約の解除について別段の制限を設けている場合は、この限りでないものとします。
  2. 前項にかかわらず、依頼者は弊社所定の期日を過ぎても、本サービスの利用料相当額を全額支払うことにより、広告掲載契約の解除を行うことができるものとします。この場合、依頼者は弊社に対し、本サービスの利用料相当額を、別途弊社が定める支払方法にて、取消手続日の翌々月末までに支払うものとします。なお、振込手数料は依頼者の負担とします。
第6条(広告掲載の中止)
  1. 弊社は、依頼者が次の各号のいずれかに該当する場合、広告の掲載前、掲載途中にかかわらず、当該広告の掲載を中止することができるものとします。但し、第3号に基づく掲載中止の場合であり、依頼者が弊社の指示に従い速やかに改善措置を講じたときは、弊社が改善措置を確認したときから、当該広告の掲載を再開するものとします。

    (1)   本サービスの利用料を滞納している場合

    (2) 楽天オークションの各種サービスの利用によって発生したシステム利用料、手数料、その他弊社に対する債務の支払いを滞納している場合

    (3) 広告内容が第3条各号のいずれかに該当する場合

  2. 前項の場合において弊社が依頼者の広告掲載を中止した場合、弊社は依頼者に対し、掲載中止日に前条各項に定める依頼者の都合による広告掲載契約の解除があったものとみなします。この場合、弊社は本サービスの利用料相当額の全額を、直ちに依頼者に請求できるものとします。
  3. 本条に基づく広告掲載の中止により、依頼者が損害または不利益を被った場合でも、依頼者は弊社を免責し、賠償請求その他一切の請求を行わないものとします。
第7条(広告内容の変更)

弊社は、次の各号のいずれかに該当する場合を除き、依頼者都合による掲載中の広告内容、リンク先URLの変更を行わないものとします。なお、本条各号によって変更した場合、弊社は依頼者に対し、弊社所定の変更料を請求できるものとします。
    (1)   掲載商品が完売した場合

    (2) 弊社がやむを得ないと判断した場合
第8条(個人情報)

依頼者は、本サービスにより取得した個人情報を、個人情報保護法、その他の法令及びガイドラインを遵守し、かつ楽天オークションの利用者のプライバシーに配慮して取扱うものとします。なお、万一、依頼者より個人情報が他に漏洩した場合は、依頼者は故意または過失の有無を問わず、これにより弊社において生じた一切の損害および費用負担を賠償する責を負うものとします。

第9条(秘密保持義務)

依頼者は、本サービスの利用に関し、広告掲載契約期間中または契約終了後にかかわらず、弊社から知得した機密に属すべき一切の事項について、弊社の事前の書面による許諾を得ずに、第三者に漏洩・開示・提供しないものとします。

第10条(システムの一時停止)

弊社は、以下の各号のいずれかに掲げる事由により、依頼者に事前に通知することなく楽天オークションに係るウェブ・サーバ、その他のシステムを一定期間停止し、広告掲載の停止を含む必要な措置をとることができるものとし、依頼者はかかるシステム停止に起因する広告掲載の停止を理由に利用料の減額もしくは返還または損害の賠償等を弊社に請求を行わないものとします。
    (1)   サーバ、ソフトウェアの点検、修理、補修、改良等のための停止

    (2) コンピュータ、通信回線等の事故、障害による停止

    (3) 弊社、他の依頼者その他第三者の利益を保護するため、その他弊社がやむを得ないと判断した場合における停止
第11条(免責等)
  1. 広告内容に関する問い合わせ、クレーム等については依頼者の責任と負担において解決し、弊社に一切迷惑をかけないものとします。万一、広告内容の問い合わせ、クレーム等に関連し、弊社が損害を被ったときには、依頼者はこれを賠償するものとします。
  2. 前条各号の場合を除き、弊社の故意または重過失に基づき本サービスの全部又は一部の履行ができなかった場合には、弊社所定の減額ポリシーに従って利用料の減額を行うものとします。
  3. 弊社は、前項および本規約に別段の定めがある場合を除き、依頼者が本サービスの利用に関して被った一切の損害について、賠償する責を負わないものとします。
  4. 弊社は、天災、地変、火災等の事由によるサービス環境の障害、法令の変更その他弊社の責めに帰すべからざる事由による本サービスの提供の運営・中断・中止・停止・廃止については、一切の責任を負わないものとします。
第12条(サービスの変更・終了)

弊社は、依頼者に対する事前の通知なく、本サービスの内容の変更もしくは追加または本サービスの終了を行うことができるものとします。

第13条(規約の改定)

弊社は、依頼者に対する事前の通知をすることなく本規約を改定できるものとし、本規約の改定後、依頼者が本サービスの利用を継続した場合には、改定後の本規約を承諾したものとみなします。

第14条(解除)

弊社は、依頼者に以下各号のいずれかが発生したときは、何らの通知催告を要せず、ただちに広告掲載契約の全部又は一部を解除することができるものとします。
    (1)   本規約または広告掲載契約に違反した場合

    (2) 支払い停止状態に陥った場合または財産状態が悪化してその虞があると認められる相当な理由がある場合

    (3) 手形交換所の取引停止処分を受けた場合

    (4) 差押、仮差押、仮処分、競売、租税滞納処分の申し立てを受けた場合

    (5) 破産、民事再生手続開始、会社更生手続開始、その他法的倒産手続の申し立てを受け、または自ら申し立てをした場合
第15条(一般条項)
  1. 依頼者は、本規約の定めの他、個々の広告掲載契約の定めに従うものとし、広告掲載契約において本規約の定めと異なる定めがあるときには、当該広告掲載契約の定めを優先するものとします。
  2. 本規約の条項の解釈に関して疑義が生じたときは、弊社および依頼者は信義誠実の原則に則り、誠意をもって協議し、これを解決するものとします。
  3. 依頼者は、本サービスを利用する権利その他本規約に基づく一切の権利を譲渡、転貸、担保差入その他形態を問わず処分することができないものとします。
第16条(準拠法、管轄裁判所)

本規約および広告掲載契約は日本法に基づき解釈されるものとし、これらに関連して訴訟の必要が生じた場合には、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

以上

2006年11月13日制定


附則
  1. 第5条および第6条で定める「弊社所定の期日」は、広告掲載開始日の前日から起算して10営業日前の日とする。
  2. 第7条後段で定める「弊社所定の変更料」は、一律5,000円とする。

個人情報保護方針