こんにちは。楽オクにてインターンをはじめた、大学4年生の里村です。
楽オクでインターンを始めたはいいものの、実は…楽オクの使い方、知りません。

里村:都内の大学生。サークル活動の飲み会要員、飲食店のアルバイトに明け暮れていた。
  どちらかといえば、(というより完全に)「意識高くない(むしろ低い)側」の大学生。

いきなりになりますが、多くの大学生は、
「時間はあるけどお金はない!」
という悩みを抱えているのではないでしょうか。    私のことです。

大学1,2年生の頃は一日中ゴロゴロしながらこんなこと呟いていました。
今日は先輩社員の細井さんが、そんな大学生に向けて
「楽オクを使った、お小遣い稼ぎのコツ」を教えてくれるとのことです。

細井:楽オク社員。3年目らしい。




細井「はじめまして。細井です。このページ上部の5人も、私の教え子だとか、そうじゃないとか言われています。」
細井「まず、オークションとは…このようなものです。下図をご覧ください!」

里村「競りみたいですね。まあなんとなーくイメージはありますよ。でもそれがどう行われているか、分からないっすね。」

細井「このような場所を提供するのがオークション会社です。ネット上に多くのオークション会社があります。」

細井「その多くがこんな仕組み!」

細井「出品者はまずオークション会社に登録料を支払わなければならなかったり、落札者との
直接の取引で「商品が来ない」「お金が振り込まれない」というような
トラブルの原因になったり、そのメッセージのやりとり自体が面倒だったりします。」

細井「それに対し…露骨に宣伝になるけど(笑)、楽オクの仕組みはこうなってます。」

細井「楽オクの良さは…
〔砧舛任呂犬瓩蕕譴覘⊇佗文紊六惻待ちでOKお金と商品の仲介機能
この3つが当てはまると思います。」

細井「楽オクは他社サイトと違い、登録料が無料なのが魅力なんだ。
詳しくはこちらを見てくださいね。」
http://auction.rakuten.co.jp/event/campaign/2007sell0/
細井「楽オクなら口座を教えたり、落札者に住所を聞いたりと落札者とのやりとりも少ないのも魅力!!リスクも他社に比べて低いのが、初めて出品するにはいいね。」 細井「これが誰にでも簡単にできそうな楽オクの仕組みです!」



簡単で、ローリスクなのが楽オク!!!




里村「分かったような、分からないような…簡単に始められそうだし、やりとりが楽なのは分かりました。
  私みたいな面倒くさがりで、コミュニケーション嫌いにも出来そう感は伝わってきました。
  ただ、これ全部今までのページに書いてある。もっと楽にできる秘策を知りたいっす。」

細井「楽オクには、簡単に出来る方法が沢山あるよ!」
   「テンプレート、スマホを使えば簡単!大学生の大好きなスマホでできるよ!」

細井「そんな中でも僕がいつも大学生に教えている秘策は…クッション封筒を使うこと」
里村「…!??クッション封筒ってなんですか?」
細井「これみたいに、内側にプチプチのついた封筒だよ。」
   「これさえあれば面倒な梱包作業が、
    商品を入れて閉じるだけになるんだ。」
里村「これは初心者にうってつけですね!!」
里村「でもこれに入る大きさのものしか送れませんね〜。CD、DVDとか?あんまり持ってないな…」
細井「CD、DVDだけでなく、色々なものがこの封筒で済むよ。」
細井「本、参考書、アクセサリー、キーホルダー、トレカ、写真、ゲーム…大学生が売れるものはもっとあるはず!」
里村「じゃあいらなくなったゲームソフト、参考書を売ってみます!クッション封筒を使ってみますね。」
細井「身近にあるものを売るのなら、大体はそのサイズに収まるね。」


手間を減らしたい人には、クッション封筒が最強ツール!


一週間後

里村「出品したことなんてすっかり忘れてたけど、気付いたら売れましたよ。
   出品した後はメールを待つだけなので、本当に簡単ですね。」

里村「まさかでしたが…プレーステーション1時代のソフトが売れました!!」

細井「今までだったら捨てていただろうそのソフト、全部出品していれば、そのうち売れる!
そんな急いで結果は出ないかもしれないけど、何でも出しておけばそのうち売れることがあるんだよ。
まあ無料だからそんな使い方も出来るんだけどね。」
里村「入札が入ったときのうれしさも忘れられませんね。」

細井「あとは僕の教え子たちからも感想を聞いてみてよ!」



細井のおかげで楽しく大学生活送ってます!

普段は昔追っ掛けやってたころの
アイドルグッズを中心に売っているよ。生写真、トレカなんかね。

え?今?
今はそのお金で新しいアイドルのおっかけをやっているんだ。

僕たちはこんなものを出品しているんだ⇒

大学生活…懐かしいな…。
楽オクで生活が変わったことを覚えているよ。

当時付き合ってた彼女にフラれ、毎晩ゲームに明け暮れていたんだ。
飽き性だった俺は毎年毎年新しいものに飛びついていたよ。

特にスポーツゲームだね。サッカーのゲームにはまってたよ。
新しいバージョン出るたびに新しいのを買い、
それまでやっていたものをオークションに出品して売るようにしたんだ。

そのお金でまた新しい女とデートに行った。それが今の奥さんさ!

奥さんとの出会いのきっかけはこいつらさ⇒

学生時代着てた服…売れちゃいました!

自分のセレクトショップみたいで楽しい♪⇒

大学生のためのオススメ出品