ふとしたきっかけで始めた
ハンドメイドとオークションが、
何気なく過ごしていた毎日に
彩りと夢を与えてくれました。

最初は落札、それからハンドメイドの布小物やアクセサリーの出品をスタート。オークションを通して手作りの楽しさが広がり、さらに専業主婦としての毎日がより充実したものになったというakisakura.さんに、お話をうかがいました。

akisakura.さん
出品商品

不要品から出品を始めて、ハンドメイドへ。
いろいろ手作りしながら、
少しずつステップアップできる
オークションが楽しい。

そもそもは、欲しいものがあった時に楽オクのサイトを見ていました。初めて落札したのは模造のなぎなた(笑)。ちょうど習っていて探していたんです。以来、気になるものがあった時には楽オクをチェックして、いくつか落札したらオークションの流れがわかって。自分でも出品してみようと思い、家の不用品を出品したらちゃんと落札してもらえた上に、すごくカンタンだったのでこれなら続けられるなと。それからビーズのアクセサリー、次に布小物という感じで、ハンドメイドのものを出品するようになりました。
オークションのよさは日本全国の方と出会えること。自分の作品がいろいろな方の手元に送られるのがたまらないですね。それを励みに、少しずつ新たな創作にも取り組みながら楽しんでいます。


akisakura.さんの、オークション出品ヒストリー

まずは
家の不用品を・・・
タイヤチェーン など

初めて落札してから約半年後に、家にある不要品から出品を始めました。車を買い替えたために要らなくなったタイヤのチェーンなどを出していましたね。出品を始めた当初は「本当に取引して大丈夫かな」などと心配して、もう心臓がバクバクしていましたが(苦笑)、落札者の方がみなさんがいい方ばかりでよかったです。

人生3度目の
ビーズブーム到来!
メガネどめ(グラスパイプ)、ネックレス など

以前、習い事でやっていたなぎなた教室で、年配の方たちから「眼鏡を上げ下げするのに、メガネどめがあるといいわよね」とうかがって。ちょうど人生三度目のビーズブームが来ていたので(笑)、早速作ってみることに。そうして出来たビーズのメガネどめやアクセサリーを出品したことで、オークションの楽しさがさらに広がりました。

ハンドメイド和小物に
開眼!
パスケース、
マカロンケース など

布小物作りに目覚めたのは、マカロンケースを作ったことがきっかけです。とはいえ、最初は波縫いさえも上手くできなくて、数をこなすうちに手縫いがまっすぐにできるようになりました。お裁縫が楽しくなり始めた頃、パート先の手芸店でミシンを購入して今度はミシンにチャレンジ。いろいろ作れる面白さを知ってから、オークションに作品を出品し始めました。


実は手軽に始められるハンドメイド!
最初は100円ショップのパスケースを見本に
作ってみました。

もともと手づくりするのは好きでしたが、お裁縫が得意なほうでは全然なかったんです。でも、小さなマカロンケースからスタートして続けるうちにどんどん慣れてきて、次にミシンを使い始めたらさらに楽しくなりました。ミシンでは、まず自分が欲しかったパスケースを制作。100円ショップで買ったものを見本に、寸法を測って作ったら意外にうまくできてびっくり。ハンドメイドは決して難しいものではなくて、実はハードルが低いんですよ。

まずは手縫いで、マカロンケース作りに挑戦。
市販のキットで一度作ってコツをつかみました。

今もコンスタントに出品しているマカロンケース。最初は手芸店で売られている市販のキットを使って作りました。それで一度流れをつかんでからは、材料はネットで取り寄せたり、手芸店をめぐって集めています。和柄が好きなので、作るものもつい和小物が多くなって(笑)。他にもポーチやペンケース、それからGパンの裾上げで切った端切れの残りと和風の布を組み合わせてポーチみたいなものを作ったり。布をさわっていると、没頭しちゃうところがあります(笑)。

手作りにハマった末に
作業がしやすいように
小道具を自作しました(笑)

私にとって布小物作りの楽しさの一つは、色遊びや柄、布をどう合わせるかを考えること。単一の模様であっても、物によって柄の出方が違ったりするので、思い通りに柄が出せるように小道具を自作してみました。透明の下敷きで作ったマカロンケースの型紙を布にのせれば、柄の位置が確認できるようにしたら、効率よく作業できるようになって。これなら同じ柄のマカロンケースも作れますし、そうやっていろいろ試行錯誤する時間もまた楽しいですね。

出品商品
出品商品

毎回、商品を発送する時は
わが子を全国に旅立たせるような感覚に。

楽天オークションの魅力は、いろいろな地方の方とご縁があるところ。たとえ一期一会であっても、出会えるのが楽しいですね。毎回、商品を送る時は、わが子を旅立たせるような感覚になります。全国の方たちが落札して下さるので、地方に行ったりすると「あの作品を使って下さっている方がいるのかな」とか、夢を膨らませていますね。

自分が手作りしたものを
大事な方への贈り物にして下さった
落札者の方からの言葉が励みになっています。

以前、マカロンケースを5、6個入札された方がいて、商品をお送りしたら「家族全員で分けました」とのお返事が。娘さんからご家族へのプレゼントだったそうで、もうびっくりしました。折り鶴柄のマカロンケースをお母様にプレゼントしたら喜んで下さったというメッセージを頂いたことも。嬉しいですよね。相手の姿は見えなくても、みなさんきっといい方なんだろうなって思います。

毎日が楽しくなるきっかけを与えてくれた
オークション。
これからもいろいろなものを作って
出品していきたい。

オークションに出品し始めてよかったことはたくさんありますが、専業主婦の私にとって大きかったのは、実はぼーとしている日常から解放されたことだったりします。創作に夢中になりすぎて、夕食が手抜きになったりもしますが(笑)。今後はバッグや、いずれは洋服も作ってみたい。チュニックとかトライしてみたいですね。


ありがとうがたくさん!
akisakura.さん商品落札者さんからのコメント

akisakura.さんの取引評価をもっと見る

akisakura.さんプロフィール

akisakura.さん 関東在住。5年前に落札者として楽オクに参加。その後、ハンドメイドの布小物やビーズのアクセサリーを中心に出品を開始。20代の頃に美術学校に通っていた経験を生かして日々創作に励んでいる。個性的でありつつ心を和ませる作品にファンも多い、評価100%の出品者さんです。
  • この出品者さんをお気に入り登録する
  • この出品者さんの出品商品を見る

【編集後記】
子どもの頃から手芸や工作が好きだったというakisakura.さん。とはいえ、大人になると仕事や家庭に追われて”自分が好きなもの”をつい忘れてしまいがちです。akisakura.さんのお話をうかがって、オークションがそんな“好きなもの””楽しいと思えること”に再び出会う機会にもなるのだなと感じました。丁寧に話される姿に、落札者さんからの信頼の厚さも納得です。

取材・文:宇田夏苗、写真:平岩亨

▲ページトップへ

私のオークションライフ ご出演者大募集中