Twitterでつぶやく

スイーツデコ特集 〜材料や作り方も解説!

スイーツデコ
  • スイーツデコって?
  • 種類・作り方のコツ
  • 作家さんインタビュー
  • ギャラリー

甘くて美味しいスイーツが目の前にあったなら、誰でも笑顔になってしまうはず。私たちをハッピーにしてくれるお菓子を本物そっくりにハンドメイドしたのがスイーツデコ。飾って、身につけて、見て、プレゼントして楽しいスイーツデコの作り方は?魅力とは?オークションに出品するにはどうしたらいいの?という疑問に人気の作家さんが答えてくれました。かわいくて楽しいスイーツデコ、さあ一緒に始めましょう♪

スイーツデコの案内人はこの作家さん!
Rainbow Creamさん
3年前にスイーツデコを始めたというRainbow Creamさん。 カラフルさと楽しさにあふれた作品がオークションで毎回、人気が集中し、スイーツデコ作品の中では異例の高額で落札されている、注目のスイーツデコリストさんです。
Rainbow Creamさんのインタビュー・詳しいプロフィール・作品はこちら >>

スイーツデコとは?魅力を大解剖!

pho

かわいいスイーツたちが暮らしをハッピーに!

本物のスイーツをそのまま小さくしたような「スイーツデコ」が今、人気を集めています。本物そっくり、といっても食品サンプルではなく、もともとは身の回りのものをデコレーションして、見て楽しむ ことを目的に生まれたのがスイーツデコ。基本的な材料と道具は、粘土と絵の具、のし棒や粘土板、ピンセットやはさみといった、どこにでも手に入るものばかり。特別な機械は必要ありません。ドーナツなどの作業行程の少ないものであれば、半日程度で完成するのもスイーツデコの魅力のひとつ。粘土をこねたり丸めたり、絵の具で焼き色をつけたり、ホイップクリーム風のデコレーションをしたり。その過程には、まるで本物のお菓子づくりのような楽しさがいっぱいです。

Rainbow Creamさんコメント

フェイク・スイーツ”と呼ばれることもあるスイーツデコ。”フェイク”なのだから自由に作るのが一番。味も気にしなくていいので、私はおもいっきカラフルにして、遊んで楽しんでいます。水色のイチゴだって大いにアリ!自分なりのアイデアで作って、「面白いね!」と言ってもらえるものスイーツデコの良さだと思いますね。 インタビューはこちら >>

こんなにあります!スイーツデコの種類をチェック!

※楽天オークションのキーワード検索結果ページに遷移します。

  • マカロン スイーツデコ・マカロン

    カラフルなマカロンは一度は作ってみたいスイーツデコ。皮の色とクリームの組み合わせで印象が変わります。

    ★主な材料:
    樹脂粘土、アクリル絵の具 軽量スプーンなど
    ★作り方・レシピポイント
    ピエの部分はつまようじを使って穴を開けるように質感を出すといいです。
  • カップケーキ スイーツデコ・カップケーキ

    ホームメイド風の焼きたてカップケーキ。コーヒー用クリームの空き容器などを使えば小さいサイズも作れます。

    ★主な材料:
    樹脂粘土、軽量粘土、紙のカップケースなど
    ★作り方・レシピポイント
    粘土に重層を混ぜると粉の雰囲気のある生地に仕上がります。
  • クッキー スイーツデコ・クッキー

    基本のテクニックさえ学べば、応用がきくのがクッキー。簡単な絞り出しに型抜き、具入りなどが楽しめます。

    ★主な材料:
    樹脂粘土、透明粘土、しぼり袋、クッキー型など
    ★作り方・レシピポイント
    スポンジや筆を使って焼き色を付けるとグッと美味しそうに仕上がります。
  • アイスクリーム スイーツデコ・アイスクリーム

    簡単に作れて、単品でもトッピングしてもかわいいアイスクリーム。いろいろなフレーバーを試してみて。

    ★主な材料:
    樹脂粘土、もしくは軽量粘土、アクリル絵の具など
    ★作り方・レシピポイント
    こねている間に塗料がなじんで暗い色味になるのでスピードが肝心。
  • ドーナツ スイーツデコ・ドーナツ

    王道フレンチクルーラー。手間はかかるけどかわいい!仕上げにアクリル絵の具の白で雪化粧してあげるとふんわり感が出ます。

    ★主な材料:
    樹脂粘土、軽量粘土、ボンド、歯ブラシなど
    ★作り方・レシピポイント
    つまようじ等で線を描くよう形を作っていきます。間に生クリームを挟んで出来上がり!
  • キャンディ スイーツデコ・キャンディ

    ミニ棒のキャンディー。ちいさくてかわいいのでクッキーなどのデコレーション用のパーツとしても使えます。

    ★主な材料:
    透明粘土、ニス、キャンディー棒など
    ★作り方・レシピポイント
    仕上げにニスをぬって飴らしく。透明なのでホコリには気をつけて。
  • パフェ スイーツデコ・パフェ

    パーツを盛りつけるパフェには、組み合わせる面白さがいっぱい。思いきりデコレーションしましょう。

    ★主な材料:
    軽量粘土、樹脂粘土、ニス、しぼり袋、シリコン、パフェ用の器など
    ★作り方・レシピポイント
    器の側面から見える部分も意識して。高さを出すとボリューム感が出ます。
  • チョコレート スイーツデコ・チョコレート

    チョコはクッキーやアイスの具にも使えて便利。粘土でもレンジでも型があると便利です。

    ★主な材料:
    樹脂粘土、レジン、アクリル絵の具など
    ★作り方・レシピポイント
    ちょっとカケた感じにしたり、遊び心を加えて個性を出すのが○

※一部材料は使用方法によっては、有害となる可能性もあります。使用の際はご注意をお願いいたします。

アイテム別にスイーツデコをチェック!

※楽天オークションのキーワード検索結果ページに遷移します。

スイーツデコ作家・Rainbow Creamさんインタビュー

スイーツデコと出会って世界が広がりました!

もともとフードをモチーフにしたマグネットが好きで、自分でも作れないかと思ったことがスイーツデコを始めたきっかけです。最初に本を見ながら樹脂粘土でキウイとロールケーキを作ったら「これは楽しい!」と(笑)。粘土でいろいろなものが作れることも驚きでした。以来すっかりハマり、2ヶ月後には自分の作品を見てもらえたらとブログを開設。その後オークションに出品と、スイーツデコのおかげで世界が広がりました。初心者なら作業工程が少ないドーナツなどから作るのがいいかも。作る際には、まず本物をじっくり観察。私もケーキ屋さんやアイスクリーム屋さんのショーウィンドウを眺め続けていたり、家でイチゴをじーっと見つめていて、娘たちに不思議がられていますね(笑)。

スイーツデコ写真

慣れてきたら自分が得意なアイテムを考えてみて

今は平均毎日6時間程度、寝室に大きなテーブルを置いて創作しています。主な材料は樹脂粘土とアクリル絵の具。粘土は私は日新のコスモスを愛用しています。ただパジコ製も人気でそれぞれ質感が違うので、いろいろ試して選んでみては。強度は弱まりますが、100円ショップなどでも手に入る軽量粘土(紙粘土)を使って作ることもできます。スイーツデコ用の材料はネットで簡単に手に入りますが、金属パーツなどは微妙な色合いを目で確かめたいので、お店に行くことも多いですね。スイーツデコ作りに慣れてきたら、自分の売りになるものを考えてみるといいですよ。私の場合はアイスクリーム。これだけは誰にも負けたくないと思って作っています。得意なものがあれば、オークションでも役立つはず。

スイーツデコ作家・Rainbow Creamさんに学ぶ、オークション出品のコツ

スイーツデコを始めて2ヶ月後に「材料費の元が取れたら」と思いオークションに出品。自分の実力を試したい気持ちもありました。運良く落札されて、その時のうれしさが今につながっています。オークションの魅力は自分の作品の価値がわかることと、お客さんに自分を知ってもらえること。繰り返し出品することでリピーターも増え、ファンになってくれた方もいて、創作の大きな励みになっています。作品が売れれば、また新しい作品が作れるのもいいですね。今後ショップを開きたいと考えている方にとっても、オークションはとても参考になると思います。

ポイント1:きれいな写真

キレイな写真がオークションを成功させるカギ

オークションでは写真がすべて。暗かったり小さ過ぎる写真は一番のマイナス。極力大きく、暖色系の色合いにして、美味しそうに見せるのがコツです。食べ物がモチーフなのでホコリにも注意を。コンパクトデジカメでも照明を工夫すればキレイに撮れますよ。

ポイント2:価格付け

価格づけは材料費とお客さんのことを考えて

初出品時の価格が850円。材料費の元がある程度取れること、また1000円以下なら入札しやすいと思って決めましたが、自分が設定した価格よりも10円でも高く落札されるとうれしいもの。自分にもお客さんにも無理のない価格から始めるのがいいと思います。

ポイント3:梱包

作品とお客さんへの愛を込めて梱包

作品を送る時はまずPP袋に入れ、プチプチ袋で2〜3重にくるみ、ものによってはさらに新聞紙をクッションにして梱包しています。これだけやれば郵送中の破損は大体防げます。また受け取ったお客さんに対しても、作品を大事に思う気持ちが伝わるはず。

ポイント4:サイズの明記

誤解されやすい作品のサイズは、かならず明記!

意外に誤解されやすく、問い合わせが多いのが作品のサイズ。たとえばアクセサリーなら金具の長さやメインのチャームの大きさ、厚みなどはすべて明記するのがオススメ。写真を撮る際、比較できるものを並べるなど、大きさを見せる工夫はしたほうがいいですね。

スイーツデコ作家・Rainbow Creamさんプロフィール

プロフィール画像3年前からスイーツデコを始め、2008年12月より日々の創作模様を紹介したブログをスタート。オークションへの出品もその頃から始め、今では1000円〜3000円程度で落札されるスイーツデコ作品が多い中、圧倒的な高額で落札される人気作家に。NHK教育テレビの取材、また「スイーツデココレクション2010」や「ちっちゃかわいいもの展2011」などイベントに出展。その他委託販売やブログでの注文販売なども行っている。大人のみならず小中学生のファンも多い。家庭では小学生の娘2人を持つお母さん。 ※Rainbow Creamさんはauauyumiyumi1612というIDでオークションへ出品されています。
この人をお気に入りに登録する
※新着出品やコメント更新があった時にサイトやメールでお知らせします(解除可能)。
取材・文/宇田夏苗、写真/持丸悦男 スイーツデコ写真提供/Rainbow Cream

スイーツデコ特集 〜材料や作り方も解説!-【楽天オークション】