ワカルチャンネル〜オークションは楽しい!!〜

楽オクからのお知らせ

達人に聞くオークションを楽しむ2つの販売方法

オークションの楽しみは何と言っても値段を競ることですが、オークションの価格の決め方には予め決められた価格で落札される固定価格販売と、一般的な競り上げ方式のオークション価格販売の2種類があります。今回は、この固定価格販売とオークション価格販売の違いをご説明します。

固定価格とは:
出品者が決めた開始価格がそのまま落札価格に設定されている販売方式のことです。残り時間にかかわらず入札するとすぐに落札できるので、通常のネットショッピングと同じ感覚で利用できます。早いもの勝ちで格安の人気商品は出品直後に落札されてしまうこともあるので、いかに掘り出し物を早く見つけるかがポイントです。
オークション価格とは:
出品者が決めた最低価格から開始し、複数の入札者が競り合って決められた時間内に最も高値を付けた人が落札できる販売方式のことです。終了するまでいくらで誰が落札するか分かりませんが、思いもよらないお得な買い物ができる可能性もあります。

これまでは一般的なオークション価格販売がほとんどでしたが、ネットショッピングの普及で欲しい商品を今すぐに落札したいという利用者のニーズが高くなり、近年ではそれに対応する形でオークションでも固定価格での販売が増えてきています。では、それぞれの販売方式にはどのような特徴があるのでしょうか。

固定価格
取引終了まで待つ必要なく、欲しい商品をすぐに買うことができる
自分より高値を入れる人がいないため、欲しい商品を必ず買うことができる
市場価格より高い値段を付けてしまう心配がない
早い者勝ちなので、掘り出し物や格安品はすぐに売り切れてしまう
オークション価格
欲しい商品を他の入札者と競り合う楽しみや、最後まで欲しい商品が買えるかどうか分からないドキドキ感がある
市場価格より大幅に安い値段で落札できる可能性がある
取引が終了するまでに時間がかかる

固定価格販売とオークション価格販売、それぞれに良いところや楽しみ方があります。欲しい商品が決まっていてすぐに買いたい場合には固定価格販売、オークションならではの競りを楽しみたい場合にはオークション価格販売、といったようにその時の状況で使い分けてみてもいいですね。

<記事執筆>遠藤奈美子

ECアナリスト/ネット通販コンシェルジュ。雑誌などのメディアで活躍中。 ネットショップの運営に携わり、自身でも日常生活のほぼ全ての買い物を オンラインで行っていることから、ユーザー目線かつ運営者としての厳しい視点で情報を発信。EC事業者と消費者の橋渡し役を目指す。