アートオークション

第5回 この作家がすごい

■人気の作家、ここに注目

今回のオークションでは、国内外の作家を、時代やジャンルを問わず取り揃えています。ですから、一枚一枚じっくり見ていくと、かならずお気に入りのアートに出会えるはずです。

外国作家の注目作品の一つが、ポップアートの巨匠、アンディ・ウォーホルの作品『マリリン・モンロー』です。ポップアートとは、1960年代のアメリカが中心となって広がった現代美術のジャンルです。ウォーホルは、どこにでも売られているスープの缶詰や、多くの人に知られている有名人などをモチーフにしたシルクスクリーンの作品を発表し、世界中で注目を集めました。

棟方志功「雉子鳴くや隣りにさめし木鉢郎」

鈴木マサハル「ベニス」
今回アートオークションに出品するこちらの作品も、発表してから40年以上経過しているにもかかわらず、いまも新鮮さを感じさせています。パソコンやスマートフォンだとわかりづらいですが、想像以上に大きく、そして発色があざやかです。 今回、1円という通常では考えられない開始価格で出品しています。ライバルさえいなければ、破格のお値段でウォーホル作品が手に入るかもしれません。もちろん本物です。

同じく、1円スタートの作品でチェックしておきたいのが、上村松園の『序の舞』。上村松園は女性として初めて文化勲章を受賞した日本画家。気品あふれる凛とした姿や、情念に揺れる様など、女性を題材にした作品に定評がある作家です。『序の舞』は、1936年に描かれ、重要文化財にも指定されている名画をシルクスクリーンにしたもの。場合によってはとても嬉しい掘り出し物になるかもしれません。

そのほか、東郷青児や伊東深水、千住博など一度は目にしたことのある作家の作品が揃っています。出品する作品は今後も増えていく予定です。あなただけの運命の作品にであえるかもしれません。

楽天オークション×大丸松坂屋 アートオークション-【楽天オークション】